新着情報

神々のつぶやき No.31 いずれも先達から聞き及んだ話だが…

エントリー投稿日:2020/03/01

我が輩は鼠であります。
ですが、以前は人間もしておりました!
我が輩ねずみと人間の間で見た聞いた話をするチュー。
 
【人間と神々との交通ルール!一方通行ではなかったチュー】

その出会いは常に両者の間のどこかで起こる一方通行ではない。
探求者(自分)だけが神へと向かい始めているわけではない。
探求者が向かい始めた瞬間、神も向かい始めているという。
それは同時に起こる。

実のところそれは一連の作用であり、二つの極性をもつ。
探求者(自分)と探求される者(神という何か)
それは一つの現象であると言う。

だが自分が上昇し始めぬ限り神(何かが)は降りてくることはできない。
人間はあたかも現世の生が全てであるかの様に生き続ける。
高みのことなど預かり知らずに生き続ける。
途方もない可能性が開かれているとも知らず・・

人間はそれなりに可能性を秘めて生まれて来る。
いかなる人もその実存の究極の高みは神(何かがいる)と会う事ができる。
人間だけが神(何かが)を探し求めている訳ではない。

神(何かが)もまた人間を探している。
もしそれが一方通行からだけの出来事だったら、
それほどまで一大事、大変なことではないだろう。 
人間と神々との交通規則に一方通行は無い。

それは神(何かが)を想い続け、祈った結果、
神も全く同じタイミングで人間と交差する点にたどり着く。
そして合体、何かが生まれる。あなたは変わって行く。

もしあなたがそれに気が付かないでいるとしたら、それは全てあなたの責任である。
真剣に祈り始め、真剣に上昇を始めてみると同時に
何かが降り始め、あなたと合う事になる。

しかしあなたが扉を閉じ続けていると外に太陽が出ていようとも、
暗闇の中で生きることになるだろう。
又、たとえ扉が開いていて太陽が出ていたとしても、目を閉じていれば真剣に祈りもせず
上昇的に行動すらしないあなたは、依然として暗闇の中で生きていることになるだろう。

神においても同じ事が言える。
神のエネルギーはいつもそこにあり、近くにあり、神も閉じていては人との合体は実現しない。
人間と神との出会いが実現衝突すると、全体と調和し
全体(人生)とともに鼓動することができるようになる。
そしてその時、大いなる恩寵があなたへ降り注ぐ!

と言っている人間と我がチューは会った事があり今回はそのまま伝えます。


                     あぁ~
                     人間と神様の間には交通ルールがあったのだね!
                     私しゃ鼠チャンでよかった!
                     でも我が輩はいつも猫に追われて一方通行チュー!


                                            勾玉鼠小僧拝

                                    

第22期全国役員総会のご報告

エントリー投稿日:2020/02/19

令和2年2月15日(土)に愛知県名古屋市の熱田神宮におきまして、一般財団法人伊勢神宮勾玉会の第22期全国役員総会が滞りなく行われました事をご報告申し上げます。
午前10時より御垣内参拝後、禰宜の挨拶を頂き、権禰宜の横地様の案内で神楽殿にて御神楽奉納の後、神宮会館にて11時より全国役員総会を行いました。























神々のつぶやき No.30 いずれも先達から聞き及んだ話だが…

エントリー投稿日:2020/02/01


          我が輩はねずみであります。
          ですが、以前は人間もしておりました!
          我が輩ねずみと人間の間で見た聞いた話をするチュー。
 
          【勇気と気概】
          この世の至上の勇気とはいろいろ言われますが、他人のまねをしないこと。
          どんな犠牲を払おうとも可能な限り真正に自分の生を生きることである。
          たとえ!自己の生を生き抜くために命を失おうとも、それだけの価値はあるという。

          なぜ?ならそれこそが魂がいかにして生まれるかだからだ!
          ある目的のために命を賭ける覚悟が出来た時、まさにその死闘の中で・・・
          その「死闘」という言葉は「もがき」を意味する。
          そのまさに「もがき」の中で人は生まれ育つと言う。
          それは生みの苦しみだ!それには勇気と気概がいる。

          自分の生を生きる。
          どうしようもない忠告やどうしようもない先達者からの愚かな言葉に煩わされることなく
          自分の生を生きるが本物の勇気である。

          宗教との出会いもそうだ。煩わされてはいけない。ならない!
          自分の生を生きるがいい。たとえ失敗しても過ちを犯しても他者に従い善人であるよりは
          自分自身の生を全うする方が遥かによい事もあるだろう。

          愚かな者の言葉、占いに従い正しく生きたところでそれは偽善である。
          結果として過ちを犯したとしても自らの判断によるものであれば遅かれ早かれ自分の過ちから
          何かを学びとるだろう。
          そこから脱皮し過ちを犯すことを恐れぬ人だけが何かを学んで行く。

          ところで!過ちを犯さないコツの一つとして大事な事、
          それは耳を貸さない!目を閉じない!空気は強く噛む事だとさ!
          自分の事をやり続けるチューことさ!

                                  チューチューチュー 頑張ってネ

                                                  勾玉鼠小僧拝

                                             

神々のつぶやき No.29 いずれも先達から聞き及んだ話だが…

エントリー投稿日:2020/01/01

          我が輩はねずみであります。
          ですが、以前は人間もしておりました!
          我が輩ねずみと人間の間で見た聞いた、はたまた不思議な物語をこの1年語ります。
          よろしくチュー!
 
          【2020年 令和2年 サァー朝が新年が来たチュー】
          新年の目覚め 朝の目覚め 自分の目覚め 1年 1日 の終わりの最上の締めくくり。

          何事も終わる前、眠る前にマインド(心)に残された最後の思考は、朝目覚めるとき、
          日・年が変わる時、最初の思考になると言います。
          恐らく私達の大半はデレビドラマのイメージで膨れ上がったマインドや
          過去の苦悩や将来の不安とともに眠りにつくのでしょう。又、年が変わって行くのでしょう。
          私達のほとんどは眠りに入って行くにしても年が新しく変わろうとする時も、
          悩み事、又希望の光を抱えているのですが。
                                                 ザ・OSHOより!
          文明が発展し、世の中は便利になった。皆が中流階級以上に思っている人々も多くなった!
          しかし、はたしてそうだろうか?
          我がチューが思うには、今の世はあまりにも苦しみもがいている様に思えて仕方がない。
          それは今人類の意義の歴史上初めて人間は存在の行路を見失ってしまった。
          未だかつて私達ほど苦しみに見舞われた人間はいないかも知れないチューチュ!
          過去において人々は終始貧しかった・・・実に貧しかった。
          人々はずっとひもじい思いをしてきた。
          だが精神的にはこれほど貧しいことは決してなかった。
          今日ほど人類が精神的な飢餓感を覚えたことはない。
          うんぬん言うつもりはなく人類が再び存在に根ざさぬ限り、今の人類に未来はない!
          信仰も遠い昔とは変わって来た。

          一つ例をとなえると、我がチューが見るに、人々が祈る場所に通うのは、新の祈りと愛ゆえにではなく、
          ただ己の特異な願望ただ心の底にある義務的祈り、又恐れゆえに祈るのかもしれない。
          年をとればとるほど、より足しげく神社仏閣へ通う様になるのも一層何かを恐れる様になるからでもある。
          とも言う。この上なく価値あるものを知り得た人々の祈りは、このての祈りより大きく異なるとチューは思う。
          自分本位の祈り、上手くいかない事への祈り、本格的に祈りにならない祈り、
          己への恐れから神仏に伺うことなく人間そのものの感受性を得て全ての体験を通して
          心から神仏の元へ行ける様、日々祈り続ければ途方もなく人類は素晴らしいものとなるだろう。
          人生はとてつもない挑戦でもある。その生きたエネルギーは結晶化され本物の神仏と勇気と手を結ぶことだ。
          自分をどんどん突き進ませるほどの勇気と、それはあたかも地図無しで対岸の事などあずかり知らずに
          小舟で荒れ狂う海へと漕ぎ出して行く様に!コロンブスの様に・・・
          ただただ地球は丸いという仮設だけを頼りにいずれの地にたどり着くという
          希望という宝を抱きつつコロンブスの様にあるべきである。

          サァー朝がくる。新年が来たでチュー
          いよいよみんなの出番だ。時が来た。
          素晴らしい日々を祈りこの年を輝けるものにしよう。
          我がチューもやります。

                                                  勾玉鼠小僧拝
                                                  ザ・OSHOより。

会報まがたまVol.05が完成いたしました

エントリー投稿日:2019/12/1

会報まがたまVol.05が完成致しましたのでお知らせ致します。
10月に執り行われました「令和元年記念伊勢神宮特別まがたま祭」のご報告を中心に載せておりますので、是非御覧ください。
記事内容は以下の通りです。
※この会報作成は事前に神宮司庁(伊勢神宮を運営管理する機関)へ原稿を提出し、文言・写真等の検証を受け、承認を頂き全国へ配送しております。



伊勢神宮勾玉会への入会についてはこちらから

事務局へのお問い合わせはお気軽にご連絡ください。TEL:075-411-9045 FAX:075-411-9045